english
exhibitions
展覧会情報
forthcoming東京

渡辺 聡

2004年 3月5日(金) - 4月3日(土)

火-土 11:00−19:00 日祝月 休




------------------------------------------------


グラスゴー留学中よりイギリスでのグループ展に参加。帰国後、三鷹市芸術文化センターで開催された個展(2001)では、ドットのシールを用いた独特の手法による作品が大きな反響を呼んだ。2003年には「絵画新世紀」(広島市現代美術館)、「Japan:Rising」(Palm Beach Institute of Contemporary Art、フロリダ)など、国内外の美術館での企画展に出品し、高い評価を得ている。一見デジタル的でありながら大いにアナログな手法により制作される作品は、視覚と観念に強いインパクトを与える。


無数のドット状のシールを整然とキャンバスに貼ることで渡辺聡の制作は始まる。ペインティングの後、そのシールは一枚ずつ剥がされては別のキャンバスに移され、2点組の作品となる。ドットを敷き詰めた画面には、スフィンクスやルーブル美術館など、世界的に有名な建築や、誰もが馴染みのある風景が描かれてきた。点描画のようなこれらの作品は、筆触が残る点描とちがい、均一なシールのあとがドットとなって抜けているため、画面全体がヴェールに被われたような効果が生まれる。こうして「新しい」風景に出会う私たちは、見慣れた筈のイメージが実はメディアというフィルターを通した風景にすぎず、きわめて曖昧なものであることに気付かされる。


ドットはテレビの画面や印刷技術のように、3次元のものを2次元にコード変換する手法である。こうして対象物にひそむ現実との距離感を浮かび上がらせることが、渡辺聡の作品テーマといえよう。


本展では、マスキングの手法を使ったペインティングやマグネットを用いた新作が発表される。ニューヨークでの生活のフィードバックとして、見る者に新たな視点を迫る作品が展開される予定だ。自由の女神やセントラル・パークなど、新たによみこまれたステレオタイプな風景からは、潜在する本質が浮かび上がる。


1年間のニューヨーク滞在を経た、国内にて3年ぶりの個展。渡辺聡の新たな境地をぜひ御高覧下さい。



---------------------------------------------
プレスリリース、写真等の詳細は下記の担当者までお問い合わせください。

TARO NASU GALLERY 木俣 マキ
e-mail:info@taronasugallery.com


展示画像
zoom
"residual"
2004
展示画像
zoom
"checker"
2004
展示画像
zoom
"Capital slapping in the Meadow"
2004