english
exhibitions
展覧会情報
pastforthcoming

9月の展覧会:
春木麻衣子「vision | noisiv」

2017年9月2日(土)-9月30日(土)
火-土 10:00-18:00 日月祝 休

*reception for the artist : 2017年9月2日(土) 18:00-20:00 予定


9月のTARO NASUでは3年ぶりとなる春木麻衣子の新作展「vision | noisiv」を開催します。


春木麻衣子| Maiko Haruki

1974年 茨城県生まれ。玉川大学芸術学科に在籍中、Goldsmiths Collegeに留学。 おもな展覧会に2014年「みることについての展開図」(TARO NASU)、「1974年に生まれて」(群馬県立近代美術館)、「写真の境界」(横浜市民ギャラリーあざみ野)、2011年「photographs, whatever they are」(1223現代絵画)など。



本展では、新作シリーズ ”vision | noisiv” 20点を発表いたします。前作 ”みることについての展開図” (2014)では対象へ向かう視線を分解し、平面上に再構成することによって「みる」という行為を改めて考察しました。前作からの流れを汲む本シリーズでは、ある風景と別の風景を印画紙上に重ねることで、現実には存在しない空間を作り出します。

noisivとは 「vision=視覚、像」を反転させた造語です。本作において、春木は二つの場所を被写体として選択しました。一つはアイルランドの街並や自然風景、もう一つは東京にある宇宙ミュージアムの展示風景です。二つの場所は画面上の操作によって分断されながらも重なり合い、互いを反射しているようです。

また本展の開催に合わせ、赤々舎より新作写真集『_etc.』が出版されます。あるがままの「像=vision」と見たいものを眼差す私たちの「視覚=vision」は一致することなく、相互に反射する関係にあると言えるでしょう。見ることの反射を巡る作家の新しい試みをぜひご覧ください。












---------------------------------------------
プレスリリース、写真等の詳細は下記の担当者までお問い合わせください。

TARO NASU 見目はる香
e-mail:info@taronasugallery.com


vision | noisiv 08B(C)Maiko Haruki, Courtesy of TARO NASU